西川 仁清

CCGSについて2週間がたちました。毎日がとても濃厚でとても充実しています。

最初パースについた時は、この先やっていけるか不安でいっぱいでした。それでもなんとか、この生活が成り立っているのは、同じ家に住んでいるレンタ達が本当にいいやつで毎日がとても楽しいからだと思います。

いつも僕のことを気遣ってくれて、ミーティングの時も内容を再度確認してくれたり、食堂では皆が座っていた席に僕が座れなかったら全員で違う席にわざわざ移動してくれたり、映画を見ている時も「字幕つける?」や、英語で分からない発音があれば一回ずつ紙に書いて教えてくれたり、イニシエーションの時では、僕ともう一人の新人レンタに10分たったら1ショット、圧倒的不利なキングスカップゲームで負けて1ショット、n/a/n/aっというゲームで負けて1ショット。最後は、とりあえず1ショット。

本当にたくさんのお酒を飲まして頂き同居人の優しさが心に響きました。最後まで耐えたので私ともう一人の新人レンタには、グルグルバットのご褒美をもらい無事イニシエーションがおわりました。この同居人たちといたら本当にこのCCGSの生活が最高に楽しくなっています。

授業では、新しくCCGSに赴任されたBee先生と毎日、子供たちの名前を覚えのが必至です。最近は、子供達が廊下や食堂で会ったら「マサ先生!!!」と声をかけてくれるのが嬉しくていつも、意味もなく少し遠回りをして教室に向かってます。Y12の個人会話の練習が今週からはじまり、毎日学校終わりに生徒たちとよく話すのですが、生徒が話した日本語や英語を僕が手元の文法と組み合わせて完成した文章を本当に「this is fun!!」と喜んでもらえるだけで、嬉しくなります。私自身英語力もそうですが、日本語のことについて、知らなかったことが多くとても焦っています。なんとか、生徒たちがもっと日本語を好きになってもらえるようにもっともっと勉強が必要だと考えています。

 平日は、毎日レンタとジムにいっています。前回はどうかわからないのですが、今回のランゲージレンタは、私だけみたいなの

で、他のみんなは体を動かすのが好きで2人1組でサポートをしながら日々ジムワークに励んでいます。とりあえず、皆に暇があれば you got big、keep pushing と言って励まして初対面の人にはHow often do you go to the gym? と話してミュニケーションをとって仲良くなろうとがんばっています。 おかげで、レンタ以外の話し相手も見つけられました。次の休みにはバリ島に行く予定らしいので面白そうな話を仕入れてきます。

(2月15日)